知っておきたいiPhoneバッテリーについて

iPhoneバッテリーに関する情報が満載!

iphoneのバッテリー交換の料金について

iphoneのバッテリー交換の料金について iPhoneのバッテリー交換をする方法としては3つの方法があります。
一つは、iPhoneのメーカーであるApple社に交換を依頼する方法であり、もう一つはメーカーではないバッテリー交換の専門店に依頼する方法です。
そして最後は、自分でバッテリーを交換する方法です。
Apple社に依頼する方法だと、保証範囲外なので、機種にもよりますが7,800円以上の料金がかかります。
但し、Applecare Protection planに加入していれば、無償で交換してもらえます。
データが全て初期化されてしまいますので、依頼する前にバックアップを取っておく必要があります。
また、依頼してから完了するまで3日程度を要します。
専門店に依頼する場合、店にもよりますが、5,000円程度の料金で交換してもらえる上に、データのバックアップも行ってくれるため、自分で依頼前にバックアップを取る必要はありません。
所要時間も30分程度です。
自分で交換する場合、バッテリーは3,000円程度で購入できますが、iPhoneのバッテリー交換用の道具をそろえる必要があり、1,000円程度必要です。
また、自分でバッテリー交換するとメーカー保証が受けられなくなりますので注意が必要です。

iPhoneのバッテリー交換を依頼する際の料金

iPhoneのバッテリー交換を依頼する際の料金 iPhoneには充電式のリチウムバッテリーが使われていますが、日々消耗と充電を繰り返していることでだんだんと長持ちしなくなります。
バッテリーはどんなに丁寧に扱ってもいずれ寿命が来る物であり、その使用状況によっては消耗が早まることもあります。
バッテリーの消費が極端に早くなった際にはバッテリー交換を依頼する必要があります。
もちろん、新しいiPhoneに買い換えるのも1つの方法ですが、バッテリー交換の方が費用を大幅に安く抑えられるメリットがあります。
iPhoneにおいては「AppleCare+」というサービスが実施されているので、そちらに依頼するのが手っ取り早いです。
「AppleCare+」では購入1年以内であれば、バッテリー交換を無償で行ってくれます。
ただし、バッテリーの性能が一定以上低下しているとみなされなければ無償にはならないので注意が必要です。
1年以上使用している場合は税抜きで9400円かかります。
一般的な使用のペースであれば1年でバッテリーがダメになることは少ないので、この9400円がバッテリー交換費用の目安と言えます。
「AppleCare+」への交換依頼はApple Storeや各種携帯メーカーの支店で行うことができます。

\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>